Q.「現状の自分」に自己肯定感が持てない場合、どうしたらいいのか?

2020年12月9日

 

どうも、宮澤です。

 

コーチング生の方からの質問が
あったのでそちらを
シェアしたいと思います。

 

質問をくれたSさんは
20台前半で、世界的に有名な
コーチからコーチングを受けるなど

 

「どんな風に化けるのか」
個人的に将来がすごく楽しみな
クライアントさんです。

 

そして、宮澤さんの様に
魅力的な男性になりたいと
ご連絡いただいて

 

今はコーチングの一般募集は
していなかったのですがお話しする中で
クライアントさんになられた方です。

 

 

前置きはこの辺にしといて、
早速、質問とその回答をご紹介します。

Q.1質問なんですが、理想的な自分になろうとすると、
 今の自分を否定する感じがするし、足りないことだらけで
 自己肯定感が下がってしまいます。

 経験上、自己肯定感が下がると会話の時に
 フロー状態に入れなくなってうまくいかなくなります。
 これは仕方のないことでしょうか?

(コーチング生Sさん)

 

宮澤回答:

ご質問ありがとうございます。文面だけでは、
腑に落としきることは不可能だと思いますので
不足している分は、今週の面談の際にご質問ください^^

 

ご質問の中には、
こちらの2つの問題点がありました。

 

①理想の自分と現状の自分を比較して
 自己肯定感が下がってしまう。

②自己肯定感が下がると会話の時に
 フロー状態に入れなくなる。

根本原因は、

①の理想と現状とを比べて
自己肯定感を下げてしまう

ですのでこちらについて
ご回答します。

 

そして、このアドバイスは
現段階でSさんへのプロセス
としてお伝えします。

 

(段階によってお伝えする内容は
変わりますが、またその際に
理由をお伝えします)

 

では、スバリ、申し上げると

“「理想的な自分」と比較して
「現状の自分」が足りていない部分が
あったとしても全く否定する必要はありません。

むしろ、足りない部分があった方が良いのです。”

 

なぜなら、Sさんの「現状の自分」は
”現状までの目的を果たす”ために
「存在」していたからです。

わかりますでしょうか?

 

例えば、あなたの玄関に
「1つの外履き用スリッパ」が
あるとします。

 

そのスリッパは今まで、
燃えるゴミ、燃えないゴミ、
ビン・カン、ダンボールを

 

ゴミ捨て場に捨てに行く際にだけに
履いていたとします。

 

その目的だけを果たすだけの
外履き用スリッパです。

 

しかし、あるとき、Sさんの自宅の中に
1匹の大きなゴキブリが出てきたとします。

 

そのゴキブリは動くたびにガザガザと
音を鳴らすくらい勢いの良いゴキブリです。

 

自宅にはゴキジェットも
置いてなかったため
そのゴキブリを殺すための
専用の道具はありません。

 

紳さんの手元にあったのは
そのゴミ捨ての
「外履き用スリッパ」だけです。

 

仕方がなく、Sさんは
それを使って「ベシ!」と
ゴキブリ退治に成功しました。

 


その瞬間、
その外履き用スリッパは
「ゴミ捨て用スリッパ』から

ゴキブリを退治する
「武器」となったのです。

 

なぜ、そうなったのかというと
そこにはゴキブリを退治する
「目的」が生まれたからです。

 

 

CMPに参加されるまでも
魅力的な男性になりたいと
思われていたかもしれませんが

 

ご参加されてさらに今までに想像もつかなかった
ノウハウや解説動画、音声、実録音声を聞いて
ものにしたいという理想的な自分が

 

数値化、具体的になった事で、現状とギャップが
明確に生まれたと存じ上げています。

 

それでいいんです^^

 

 

新しい「目的」が生まれたので
そこに向かうためにSさんが
変化していこうとしているんです:)

 

なので、
現状の自分に足りないところが
ある方が有意義な目的に
迎えているのでむしろ良いのです。

 

現状を変えずに果たせる目的なんて
何も意味をもたらさないのです。

 

ゴミ捨て用のスリッパだとしたら、
ゴミ捨てたついでにコンビニまでは
使用できるかもしれませんが、

 

魅力的な女性とデートに行く際には
履いていけないですよね?

 

「GIVENCHY」や「VLTN」と
ロゴの付いたスリッパなら

 

デートでも履いていける
かもしれないでしょう^^

 

宮澤はそんなスリッパで
女性と会いますよ笑

 

ですので、Sさんの理想的な自分になると
「目的」が変わったので、現状との自分を
全く否定しなくて良いです^^

 

コーチングを通して
理想的なスリッパ、、、

 

じゃなくて(笑)

 

理想的な男性に
なっていきましょう^^

 

END

 

 


無料メルマガを受け取る

 

 

Posted by keimiyazawa