男女関係の構築スキル

 

どうも、宮澤です。

今日のテーマは「男女関係の構築」ということで

あなたと一緒にいるだけで、女性を自由自在にウットリさせる、そんな性的魅力を

ビンビンと、かつスムーズに発する具体的方法と女性とベッドインする際の

お話をします。

 

この性的魅力を獲得したら、私たち男性は、女性がそばにいるだけで濡れてしまう

「強いオス」として認識され男女関係の成功が約束されたと言っても過言ではありません。

 

あなたは、女性はドキッとさせるタイミングを自由に生み出せるし、

女性にも自然と末長く慕われるようになる。

絶対にあなたにもこのスキルを手に入れてもらうべきなんです。

 

具体的に何をするのか?

それは、スキンシップの量(肌の触れ合い)を増やしていくスキルです。

この中には、女性に触れ合うのが得意というか、可愛い子には鼻の下を伸ばして

ベタベタしちゃう人もいるかもしれませんし、

逆に緊張して、そんなことできないわ!って人もおられるかと思います。

 

私、宮澤は後者でした。女性に自ら触れるのが苦手で、自然と

勝手に女性が寄ってくれるの期待していたりして、かなりオス度の低い男でした笑

しかし、進化してからは友人の前で、ついさっき声をかけて連れ出したばかりの

ピチピチの女子大生2人組の片割れ子ちゃんの頭を、甘噛みしたりするほど

男女の距離感の詰め方が上手くなりました。

 

(友人は唖然としてましたが、片割れ子ちゃんは喜んでました笑)

なぜこんなことが起こり得るのか?

女性は怒らないでむしろ喜んでいるのか?

それは、女性のサインをしっかり見分けているからです。

 

でも、そんなこと急にしたら、女性に嫌がられたりするんじゃないの?

仕掛けて、嫌がられた!なんてことに陥ったら台無しじゃないか。

そうです。それは台無しです。

 

「嫌がられるようなこと」をしたら、ムードが悪くなってしまいます。

だから嫌がられないように、その最適なサインを見分ける必要があります。

 

男女関係の構築スキルを磨き上げれば、女性の拒絶されないラインを見分けて

男として女性をリードするところから、

女性からもこの人にキスしてほしい、強く抱いてほしい、そして

入れてほしい。という気持ちにまで、誰でも高めることができます。

 

女性の頭を甘噛みすることはないと思うので(笑)

今日はその中でも、スムーズにキスに移行する方法をじっくりお伝えします。

 

スムーズにキスに移行する方法


女性といい雰囲気になって、あなたを「価値の高い男性」と女性が感じている

からといって、いきなりあなたのタイミングでキスしてしまうのは危険です。

女性のテンションをしらけさせて、急に冷めちゃった。なんてことも起こりえます。

 

(え、さっきまでいい雰囲気だったのに、なんでだよ汗)

 

そんな経験をあなたもされたことがあるかもしれません。私にはよくありました。

でも、もう大丈夫です。今日私がお伝えする方法をしっかり実践すれば

女性に拒絶されることはありません。

 

早速どうするのか、お伝えします。

 

まず、あなたが女性とキスする前に、やることはこの2つです。

「女性にキスの準備をさせる」

「あなたとキスしたいと思わせる」

では、具体的なトーク例も交えて、お伝えしていきます。

 

女性にキスの準備をさせる

 


デート中に、「女性にキスの準備をさせる」には

言語、非言語の双方で持っていくことができます。

 

言語でキスの準備をさせる方法

 

言語の部分では、仕事の話や趣味の話から、急にキスすることは、

相当慣れていない限り難しいです。

 

女性の好きなファッションの話、旅行に行った話でも

そういった雰囲気も作りづらいでしょう。

しかし、言語でも、性的な話題をほのめかすことで

女性に「私たち、キスするかもしれない。」という準備をさせることができます。

 

具体例を1つあげると、雰囲気が良くなったところで、

「ねえ、OOチャンはさ、「いいな!」って思った男性といい雰囲気になったけど、

ある一点がダメだったらから白けた!みたいなこと、今まであった?」と聞きます。

 

ここでは女性がなんて答えてもどうでも良いですが、

もし、女性が「えっとね、キスが合わなかった時かな」

ピンポイントで言われたらビンゴです。

 

もし、あなたが言われた場合、

「それめっちゃわかるわ、キスが合わなかったらその先に進むの、地獄だもんね」

などと話しを進める。

 

もし相手の女性の答えが、キスと全く関係ないことだとしても、

女性はあなたにこんな風に聞き返してきます。

OOくんはそういうことあったの?」と。

そしたら、あなたの番です。

「キスが合わなかったら、冷めるかもしれない」と答えられます。

「セックスできればいいって男もたくさんいるかもしれないけど、

それまでの流れや雰囲気なくして興奮することもなくなってきたわ。

OOちゃんもそう思わん?」などと話しを振ることができます。

これは言語・バーバル面で、キスを想像させる導入の一例となります。

 

非言語でキスの準備をさせる方法


ノンバーバルの部分、非言語でキスに誘導するには、

まず、あなたがその女性に話しをする時、

声のトーンをより低く、ゆっくり話すことを意識すること。

ここがスタート地点です。

 

え、よくわからないよ。声のトーンを低く、ゆっくり話すって具体的には?

Gacktや、ローランドの話し方をイメージしてください。

Gacktはいつでもゆったり話していますので、Gacktの話し方から、

細かい声のトーンまでを意識することで、

普通の雰囲気から、グッと男と女の雰囲気に持っていくことができます。

 

これは少し上級者よりのテクニックに感じられるかもしれませんが

家で鏡の前などでGacktになりきって練習すれば、誰でもできるようになります。

これをマスターすると、どんな話題を話していても

女性に性的魅力を感じさせることができます。

 

どんな話題を話すかより、「どのように話すか」が非常に重要なんです。

明石家さんまさんのようなトーンから

Gacktのような話し方のトーンに変えると想像していただけたらわかりやすいと

思います。

 

バーバルとノンバーバルの要素を2つを使うとより

スムーズにキスする下準備が整います。

そして、ここからが本番です。

 

あなたとキスしたいと思わせる

 

ここでは、

「女性があなたとキスする気持ちがあるか、その準備ができているか」

一つのチェックポイントをお伝えします。

 

さきほどの流れから話している間に、女性と目を合わせてください。

目があったら、あなたからは絶対目を話さないこと。

そして、女性に先にあなたから目線をそらさせます。

 

その時、女性があなたから目線を逸らした方向によってキスしたいと思っているか

確認を取れます。目線をそらした方向によって、

女性があなたに対してどういった感情を持っているのか測ることができます。

 

逸らした方向が斜め上または真上、左右どちらかの横方向、

斜め下または真下の3つのパターンで考えて欲しいのですが、

真上にそらした場合は、全くあなたのことを異性として見ていない雑魚だと思っている。

左右どちらかの横方向の場合、まだ異性として魅力が伝わってない。

斜め下または真下の場合、異性として魅力を感じていると認識できます。

 

よって、斜め下、真下に逸らすようになるまで、再度和む必要があります。

 

斜め下、または真下に目をそらすということは、女性があなたに対して、恥ずかしがる、

動揺するといった行動と等しいです。

 

あなたが何か冗談のようなことを言ったり、女性をからかったりすることによって、

女性が顔を赤らめたり、なんて返していいかわからなそうだったり、など動揺するそぶり

を見せた時は、キスの準備が整ったいいタイミングです。

 

なぜなら動揺はあなたを  異性として、非常に反応しているということで、

論理的な思考から開放されているからです。その二つはとてもいいキスのための基準で、

あなたがキスをする絶好の感情的な瞬間です。

理想的な最適な瞬間でもあります。

 

キスするためのテクニックとは?

 

女性はあなたに異性として魅力を感じたことが確認できたら、

次に具体的にキスするまでの流れを作るテクニックをお伝えします。

ここでもし、その女性と身体的な距離があれば、「もう少しこっちにおいで」と

言って抱き寄せたりするのが良いでしょう。ある程度距離が近い状態になったら

注視の三角法というテクニックを使いましょう。

 

注視の三角法

 

あなたが彼女の右目、左目、彼女の唇、彼女の右目、左目、彼女の唇、と

目線を行ったり来たりさせることです。

 

必ずしも右目、左目を見てから唇を見ないといけないわけではなく、

右目を見つめて、唇でも構わないですし、左目を見つめて唇でも構わないです。

そこは重要ではありませんが、ポイントは目と唇をゆっくりと見ることです。

 

すごくあからさまにみる必要はありませんが、女性に今唇見られているな、

と感じさせなければなりません。

彼女の顔が、単純にリラックスさせるように雰囲気を変えます。

 

あなたは彼女の肌でそれを知ることができ、彼女の目を見て、唇を見て、

女性はキスについて考えなければならないと思っています。

 

事前に女性の目線をどこにそらしたかの確認を取ることで、

女性がキスに対して、ネガティブな感情を持っていなさそうで、

ちょっとずつ反応を示しているようなら、女性はあなたが何をしようとしているのかを感じ取ります。

 

目から、女性の唇に目を送り、そこで目線を止めて、

彼女もあなたの目や唇を見つめるようになったらそのまま顔をゆっくり近づけましょう。

ギリギリのところで一度、止めるようにして女性からもキスする行動をさせましょう。

このように、注視の三角法はテクニックをキスするのに非常に強力です。

 

ここで、注意点がひとつあります。キスした際にいきなりディープキスはやめましょう。

軽く唇と唇が触れ合う程度のキスをしてください。いきなりディープキスすると

「うわ、こいつめちゃくちゃキス従ってるやん!」など

今までのムードがぶち壊しになります。

性的なアクションは少しずつ前進していくのが良いです。

 

女性はそこに余裕を感じますし、

あれもっとこないの?もっときてよ!と思わせることも重要です。

女性の気持ちが乗ってきた際にディープなキスに移っていきましょう。

 

キスしない方が良いケース

 

女性と2人っきりの場合で、2つ注意点があります。

1つ目は、際ほどもメンションしましたが、女性と視線を合わせて、

女性があなたから視線を外した方向が上部や真上だったり真横だった場合は、

あなたに性的魅力を感じてないと認識し、キスしない方が良いです。

 

2つ目は、女性によりきりなのですが、人前でキスするのが苦手な女性がいます。

周りに人がいる環境であるとしたくないと思う女性も少ないくないでしょう。

そして、ムードもとても大切です。

 

大衆居酒屋やチェーンの牛丼屋さんではキスしたいと思わない女性が一般的です。

男性のあなたもそうかもしれません。

女性がキスするシチュエーションにおいて、

社会的な影響を受けない場面で望むことをオススメします。

そして、特に彼氏持ちの女性に対しては、

公共の場でキスしようとすることもやめましょう。

 

彼氏持ちの女性に関して、あなたとキスすることは誠実な行いをしている

気分になりません。その女性は大いに罪悪感を感じてしまいます。

 

その他キスしない方がいい場面、しづらい場面でいうと、

その女性が友人といる場合、その友人の前でキスすることを嫌がる女性もいます。

 

友人にあなたとキスするところを見られることで「軽い女」と

思われてしまわないかという恐れを持ちます。

 

そういった場合は二人きりになるシチュエーションにしてからキスに移ると良いでしょう。

この他にも、男女関係の構築スキルには、

スキンシップのマインド編とテクニック編、女性に一緒に帰りたいと思わせる方法、

女性に追わせる自宅やホテルでの振る舞い(+長期的な関係を構築するために重要な点)

など5週間にわたってお送りします。

 

8ヶ月間オンライン講座「CMPオンライン」の最後の5週間で

この男女関係の構築スキルをお伝えします。

 

8ヶ月!?長すぎと思われる方がおられるかもしれませんが、そういった方には

フルパッケージ版で一度に全てお渡しする形もご用意しておりますが、

サブスクリプションでのご参加では、毎週のアクションリスト毎に

ステップバイステップで進むので断然おすすめです。

 

そして、サブスクリプションは学生さんでも、無理なくご参加できる価格で

ご用意しております。なので、きになる方は是非、参加して欲しいと思います。

というわけで、本日は以上となります。

 

今日のテーマの「スムーズにキスに移行する方法」

Gacktのような話し方と「注視の三角法」を試してみてください。

前々から言ってる、オンライン講座「CMPオンライン」ですが、

「いつ参加できますか?」という声も届いておりますので、

近日中にご案内させていただきたいと思います。お楽しみに!

 

Posted by keimiyazawa