【動画】女性が離れたくなくなるセ○クスを教えます。

どうも、宮澤です。

 

 

今回のテーマは、

『セ○クスについて』です。

 

 

私のところには、

よくこんな恋愛の悩みが来ます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・『女性と一回はセ○クスできるんですが
 次に繋がりません、、、。』

・『その日は口説くことはできるんですが、
 2回目以降、だんだん相手が冷めてしまって』

・『時間が経つと相手の
 食いつきが下がっているのが分かります、、
 どうすればいいのでしょうか?』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

これらの根本的な問題は、

”一時的な成果を得るための口説き方”

をしていることです。

 

 

”一時的な成果を得るための口説き方”は、
食いつきを上げるための準備をすれば
できてしまうのですが、

それだけでは、
その男性の本質的な問題点を
クリアしていないので
長期的な関係を構築できないのです。

 

 

例えば、あなたがバレエ鑑賞が好きだとします。
そして、ある出会った女性はバレエに関して
とても詳しくて、あなたが鑑賞したかった
バレエのチケットも手配してくれたとします。

その日は、『この女性は素敵だ!』

と感情が高ぶり、その女性に誘われたら
その女性の家に上がるかもしれませんが、

また後日、誘われた時、
本質的にその女性の内面や容姿に
熱を帯びていなければ、
その感情は冷めているでしょう。

新しいバレエのチケットを
貰えなかったら尚更です。

 

 

相手の興味のある分野で距離を詰めたり、
自分のステータスや凄い人と
外的な要素で惹きつけることは
一時的な成果しかもたらしてくれません。

 

だから私は、女性への執着を外させたり、
長期的な関係を構築できる
男性になるようにサポートをしているのです。

 

と、今日お話ししたかったのは、
このような切り口ではなく、
セ○クスについてでしたね。笑

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・『女性と一回はセ○クスできるんですが
 次に繋がりません、、、。』

・『その日は口説くことはできるんですが、
 2回目以降、だんだん相手が冷めてしまって』

・『時間が経つと相手の
 食いつきが下がっているのが分かります、、
 どうすればいいのでしょうか?』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

もしかしたら、
このようなお悩みの原因の1つは、

あなたのセ○クスにあるかもしれません。

 

 

本日は、

いつもと切り口は違うのですが、
そんなセ○クスに関して

宮澤はどうしているのか?

についてお話ししました。

 

 

宮澤は、セ○クスで特別なことを
していませんが、ご参考になって

あなたのセ○クスライフが
向上してくれたら嬉しいです^^

 

動画はこちら!

『女性と長期的な関係を構築する男の
セックスとの向き合い方』

 

では!

 

宮澤ケイ

 

 

 

 

【禁断の極秘情報】


「自分好みの複数の女性と長期的な関係を結びたい」
 
「魅力的な女性とデートがしたいし、彼女が欲しい」 
「男女関わらず、人を惹きつける魅力的な男になりたい」 

 

そんな願望や想いを持った勇気のある男性向けに
7日間の無料メルマガプログラムを始めました。

 

このメルマガでは、
以下の悩み解決や願望実現ができるノウハウを公開しています。

 

・自分に自信がないが、超モテるようになりたい
女性経験が少なくて、女性の口説き方がわからない。
芸能レベルの美女を魅了した具体的方法を知りたい
・彼女ができると彼女に固執してしまい、それが理由で別れたりしていた。
・好みの女性にはビビってうまく話せないのを治したい。
ナンパもできるようになったら、嬉しいと思う
・ワンナイトの関係になっても、自分の好みでなかったり、彼女までの関係に発展しない。
美女を抱きたい人、または彼女にしたい人
・恋愛面や人間関係でうまく行かず、でもこのままではダメだと苦しみ悩んでる。

 

上記の内容は、ほんの一部になります。

今メルマガ登録してくれたあなたには期間限定で以下をプレゼントしてます。

◇アルファメイルの成り方 第1章 (1時間12分)

特別コーチング生限定で開催した極秘セミナーの音声です。


これを聞いて、実践ワークも行えば

・ベータメイルからの脱却
・女性からのシットテストをクリアできる
・最高の自分をなる習慣を手に入れられます

 

全人類の男性が聞くべき音声です。

 

登録は以下の画像をクリックするだけ! 

 

 


無料メルマガを受け取る

 

 

Posted by keimiyazawa